ブログ

私の志友。ジュン先生から愛の言霊

「 忘れては ならない大切なこと 」

大切な人のためなら
いくらだって頑張れる。

自分の持てる力の限界を 超えてでも
愛する人のためなら 頑張れる。

自分の身が削られようと
心がズタズタに引き裂かれようと
世界で一番大切な人のために
尽くすことには
歓びさえ感じることができる。

自分のために頑張るには 限界があるのに
愛する人を守るためなら
無限に頑張ることができる。

愛する人には 笑っていて欲しい
愛する人には 喜んでほしい。

愛する人の悲しむ顔は 見たくない
愛する人を苦しみから 救ってあげたい
愛する人を守りたい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

その強い想いが
人間のリミッターを解除する

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今振り返れば
僕にこれほどの力を 与えてくれたのは
母への想いだ。

母さんのためなら
いくらだって頑張れた。
守るためなら
自分の限界を超えることができた。

愛する人を守ることが
人の生きる意味であり
生きがいであり
生きる力を与えてくれる源泉なのだろう。

○○○○○○○○○○○○○○○○

自分自身だけのために
頑張るというのは
長続きしないし 本当に難しい。

○○○○○○○○○○○○○○○○

改めて分かったことがある。

人は 自分のためだけに
生きているのではない ということ

人は 自分が愛する人のために
生きているということだ

愛されようと思うなかれ。
愛してるだけでよい。

求めるなかれ。
与えるだけでよい。

仲良くしてもらいたいと 思うなかれ。
見返りを求めるなかれ。
ただ、愛すだけ。

ただ、与えるだけ。

ただ、相手の幸せを思うだけ。

幸せって・・・・
そんな、ささいな事であると思う…

そんな事を 考えている23時57分

愛を込めて…札幌じゅん先生

関連記事

ページ上部へ戻る