ブログ

素敵な言葉を頂きました。

「人は使うものじゃない」というお話です。

_______

人を使ってみると、こっちの思うようには働いてくれない。

それでいらいらして、腹をたてる人がある。

考えの足りない話である。

他人ではない自分のうちのものを使っても、弟妹が、子供が、注文通りに、働いてくれない。

それどころか、自分自身さえも、自分の命令に、従順とは申しかねる。

頭が早起きせよと命じても、体は寝返りをして、またひと眠りする。

頭は優しい言葉をかけよといっても、舌は平気で暴言をはく。

これを思えば、人を使って意のままに動かそうということの無理がわかる。

何かやらせてもしくじりが多く、使いにやっても気がきかないというが、こっちに教え方、言いつけ方が足りなかったのではないか。

田舎から出たばかりで、何もかも勝手がちがう場合もあれば、聞きちがいということもある。

(中略)

「人を使う」という。牛を使う、馬を使う、きかいを使うというならわかる。

しかし、人間が人間を使うということになると、その思想に問題がある。

仕事が大きくなれば、一人では出来ない。

そこで協力者を求める。

共に働いて貰うのである。

主人が家来を使うように考えたら、大まちがいである。

女中を使う、丁稚を使うといった気持ちを清算せねばならない。

会社にしても、社長あり、重役あり、平社員あり、雇員ありというのであるが、それは仕事を進める組織の上の分業であり、上下の関係ではない。

人間対人間関係では、全部同列、全部平等である。

_______

楽園

後藤静香 著

善本社

_______

昨日の誇りの話にも通じるお話だと思います。

仕事をする上での役割こそ違うかもしれませんが、仕事に上下や優劣はないと思います。

全員同列、全員平等。

そのうえで、共に働く仲間であり、共に企業理念の実現を目指す同志であり、共に幸せや笑顔を創造する共同体ではないでしょうか。

これも先日ご紹介しましたが、イケアの採用ページにある言葉がまさに、これからの時代の働き方だと感じます。

「イケアにはイケアのやり方があります。

あなたにもあなたのやり方があるでしょう。

イケアはそれはいいことだと考えています。

みんながそれぞれ違っていることは素晴らしいことです。

あなたがイケアから学ぶことがあるように、イケアもあなたからたくさんのことを学ぶことができるでしょう。

あなたがイケアで成長することができるように、イケアもあなたが成長することで成長することができます。

イケアと一緒に成長していきましょう!」

みんな頑張っていると思うし、いろんな事情がある中、それを隠して一生懸命働いていたりします。

トップダウン、ピラミッド型の指示命令では軍隊さえも動かないことを、あの海軍大将、山本五十六(やまもといそろく)さんの言葉によって気付かされます。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず」

ナポレオンも、「全軍突撃せよ!」じゃなかったんです。

「俺に続け〜!」だったんです。

上司や社長の在り方が問われるのは、今も昔も同じですね♪

関連記事

ページ上部へ戻る